Author Archives: ナノラボ スタッフ

【レビュー】ANYCUBIC i3 MEGA

当店でも販売&使用している3Dプリンターの使用感をお伝えしてみましょう。

今回はANYCUBIC製 i3MEGAです。
数多あるPrusa i3クローン機の一つという位置づけです。
ぱっと見た感じは金属製のボディーが特徴でしょうか。
ナノラボへの導入は2018年の9月頃です

  • 組立難易度:★★★★☆(星4つ-簡単)
    セミアセンブルされており、本体の大きなパーツは2つです。
    付属のボルト8本を付属の六角レンチで組付ければOK。
    付属のアクリル板を組み合わせてリールスタンドを組み立てる必要がありますが、説明書はなくても大丈夫でしょう。
  • ベッド調整難易度:★★★☆☆(星3つ-ふつう)
    四隅の調整ネジでベッドの水平と高さを調整するタイプです。
    ガラス製ベッドですので、ベッド自体の歪みなどは小さいです。
    ナノラボの個体はベッド全域で印刷に支障のあるような気になる歪みは出ていません。
    (一部個体では中央がやや凹み気味の物があるっぽい?)
  • 印刷物の張付き&取外し易さ:★★★★☆(星4つ-良い)
    ULTRABASEというテクスチャ付きガラスベッドが採用されています。
    ベッドの温度が高いと強力に張り付き、室温まで冷却されると印刷物がポロリと剥がれるという感じで非常に使いやすいベッドです。
    張り付きが悪い場合はアルコールなどで軽く拭くと復活します。
    PLAならほとんどの場合はブリムやラフトは不要でしょう。一辺10cm以上の印刷物でも3mm程度ブリムがあれば剥がれる心配はほぼありません。
  • エクストルーダーの安定性:★★★☆☆(星3つ-ふつう)
    E3DのV6ホットエンドのコピー品のようで、基本的に良くできたエクストルーダーです。
    ただ、エクストルーダー上部のコールドセクションの冷却があまり良くないのか、リトラクションの多いプリント等の際にはノズルが詰まることがあるようです。
    コールドセクションへのダクトを追加するか、ファンを交換する等の対策を実施すると良いでしょう。
  • 印刷の仕上がりと印刷速度:★★★★☆(星4つ-よい)
    印刷婚の揃った良いプリントをしています。
    印刷物冷却用の遠心式ブロアとほぼ水平へ細く吹き出すノズルのおかけで、オーバーハングへの耐性も高いです。
    スチール板金によるボディ剛性の高さが効いている印象です。
    印刷速度は20~100mm/s(推奨60mm/s)と一般的なスピードです。
    積層ピッチが揃わない場合はベルトのテンションを確認しましょう。
  • 表示と機能:★★★★☆(星4つ-良い)
    表示についてはフルカラーのタッチスクリーンで反応も良いです。
    接続インターフェースはフルサイズのSDカードリーダーとUSB-Aとなっています。
    日本語にはなりませんが、単語レベルで分かれば問題なし。
    特別な機能としては、意図せぬ電源OFFの際の復帰機能とフィラメントセンサーが標準装備されています。大物の印刷も安心ですね。
  • スライサー:★★★★☆(星4つ-よい)
    CuraやSlic3r等のオープンソースのスライサが使用可能です。
    有料ですがSimplyfy3Dも対応しているらしい。
    Curaの最新版なら出来の良い設定が「ANYCUBIC I3 MEGA」のプリンタ名で用意されています。

=トータル評価=
組立の簡単さ、使いさすさ、この値段としては十分以上の印刷品質、5万円以下の価格と、非常にバランスが良いプリンターです。
公式HPには部品の交換方法の動画やファームウェアがきちんとアップされています。
最初に購入するプリンターとして強くお勧めできるプリンターです。

店舗およびWEBショップにて販売もしております。

#例のグラボ はんだ付けしてみました。

自作erへのお年玉か?というタイミングで降ってわいた通称 「例のグラボ」ことSapphire Radeon RX 470 Mining Edition の中古品(税抜き5980円)です。普通に買うと2019年1月現在で2万2千円から1万6000円ぐらいでしょうか?
映像出力端子が無い(実はあるけど結線されていない)という暗号通貨のマイニングに使用するための製品ですが、コストカットの為にHDMI等での映像出力ができなくされている以外はゲーム用のGPUと同じなので、改造や設定次第ではこれでゲームもできちゃうという訳です。

ちょっとワクワクしてきませんか?
ワクワクして改造作業をしても動く保証もありませんので、あしからず。

一見映像出力端子が一切ないので、使えないじゃん!と思ってしまいますね。

Twitterの情報を総合するとこんな感じ

  1. CrossFireの片割れとして使える
  2. Haswell以降のCPU内臓のGPUを経由して使うとゲームに使える
  3. ゲーム用GPUにHDMI端子やDisplayPort端子と一部部品を実装しなかった物なので、部品を実装してやればディスプレイに出力可能!

という訳です。

という訳でやってみよう!

=用意するもの=

  1. 例のグラボ
  2. 1005サイズのコンデンサ 0.1μF 耐圧16V以上 ??
  3. 半田ごて
  4. ハンドニブラ

=作業①ケーシングを外す=

ネジを外してファンおよびカバーを外しましょう。
ファンのコネクタも抜くと作業しやすくなります。
HDMI端子がパネルの裏から登場しますが、電気的には接続されていないのでこのままつなげても使えません。

ケーシングとファンを固定しているネジを外しましょう

裏のカバーのネジも外す

HDMI端子が1つ出てくる(電気的な接続はありません。)

 

=作業②はんだ付け=

温度調整付きの半田ごてでなんとか付けましたが、なかなか大変です。
米粒サイズというよりは米粒についている胚芽ぐらいのサイズですからね…..

部品の種類や定数にかんしては諸説あります。今回は0.1μFのチップコンデンサを左から1列目と4列目に取り付けました。

場所はここ、こんなサイズ感

1005サイズ(1.0mm*0.5mm)のコンデンサ

拡大鏡で見ながらはんだ付け

 

=作業③プレートを加工=

HDMIの出口にアタリをつけて、ハンドニブラで穴を作っていきます。

 

ハンドニブラをにぎにぎしながら鉄板をちぎり取る

こんな感じ

 

=作業④元に戻す=
ファンのコネクタやネジなどを元通りに処理して完成!
動作確認してみてください!

 

3Dペンの販売開始しました

ナノラボで3Dペンの取り扱いが始まりました。

ABS/PLA対応3DペンとPCL/PLA対応3Dペンの2種類です。
細身でかわいいV5と握りやすいV6どちらにしましょうか。

3Dプリント品の接合や修理にも大活躍!
低温で作業可能なPCL対応のV5はお子様にも安心です。

3Dプリントペン V5  ABS/PLA対応

3Dプリントペン V5  PCL/PLA対応

3Dプリントペン V6 USB電源(5V) 液晶画面 ABS/PLA対応

3Dプリントペン V6 ABS/PLA対応

 

 

3Dペンが貸し出し工具に追加されました。

ナノラボで3Dペンが使えるようになりました。

使い方は簡単。
まずは電源を入れ使用する樹脂に合わせてモードを変更します。


送り出しボタンを一度押し、ノズルの温度が上がるのを待ちます。LEDの色が変わったら準備完了です。

既にフィラメントが入っていたらボタンを押してフィラメントを戻して抜き取ります。

次に使いたい色のフィラメントを差し込み、樹脂が出てくるまで送り出しボタンを押します。
本体の右側にあるボリュームで樹脂の出てくる速さを調節できます。自分の使いやすい位置に調節しましょう。
あとは自由に造形するだけです。

3Dペンは入店していただければ自由に使えます。興味のある方は是非ご来店ください。

6/24開催 SOUND CHEATER 組み立て会


6月24日(日曜日)
「SOUND CHEATER アップデート版」組み立て会
が創造空間ナノラボにて開催です!

シンプルさで音を追求したバランス駆動アナログヘッドホンアンプキット。
アタック感、解像感、定位、低音に自信あり、とのこと!

作者の「はんてん@chiacchiere_」さんが、組み立てを完成までガイドします。
始めの1時間前後で、チップ部品のハンダ付け講習を行います。
この組み立て会のためにステンレスパネル仕様のキットを3セット用意頂きました。

イベント名 「SOUND CHEATER アップデート版」組み立て会
日時 2018年6月24日(土曜日)
13:00 ~ 17:00
参加費 23,000円(キット代、ケース代、会場費および消費税込み)
場所 創造空間ナノラボ
(千代田区外神田1-6-3 熊谷ビル4階)
※「小諸そば」左脇の入口のエレベーターをお使いください。
事前お申込み 参加申し込みは主催者様へ直接お願いいたします。
@chiacchiere_ メールにてお知らせ下さい。

参加申し込みやキットの詳細はこちらのページをご参照下さい。
https://sites.google.com/view/hanten-amp/

 

SparkMakerの取り扱いを開始しました!

創造空間ナノラボのwebショップにて、
光造形方式の3Dプリンタ
SparkMaker“を販売開始しました。!
Read more »

GWの営業日のご案内

30日は振替休日のため祝日となりますので、13:00から営業となります!
振替休日にご注意ください。

4月29日日曜日:営業 13:00~20:30 昭和の日
4月30日月曜日:営業 13:00~20:30 振替休日(祝日営業)
5月01日火曜日:休業 
5月02日水曜日:営業 17:00~20:30 通常営業
5月03日木曜日:営業 13:00~20:30 憲法記念日

5月04日金曜日:営業 13:00~20:30 みどりの日
5月05日土曜日:営業 13:00~20:30 こどもの日
5月06日日曜日:営業 13:00~20:30 通常営業
5月07日月曜日:休業
5月08日火曜日:営業 17:00~20:30 これより通常営業

ゴールデンウイークのご来店お待ちしております。

Snapmakerのフォーラムへの参加方法

もしあなたのSnapmakerにトラブルが発生したとき、Snapmakerのフォーラムは大きな助けになるでしょう。

フォーラムには
Snapmakerのホームページ>Support>Foum  からはいることができます。
https://forum.snapmaker.com/

入るとログイン画面が表示されます。

アカウントをまだ持っていない方はCreate New Accountをクリックします。
するとアカウント作成画面がでてきます。
入力項目は上から順にEメールアドレス、ユーザーネーム、あなたのフルネーム(任意)、パスワード(10文字以上)です。

すべて正しく入力し、Create New Accountをクリックすると登録したEメールアドレスに確認メールが届きます。メールに書いてあるリンクをクリックして登録を完了させます。

フォーラムにログインするとこのような画面が出てきます。

すべて英語ですが、トラブルの対処法やファームウェアのアップデート情報などsnapmakerに必要な情報はほとんど手に入ります。

 

Snapmaker 3in1 3DPrinterのご購入はぜひ!
安心の正規代理店!創造空間ナノラボのWebショップから!
http://s.nanolab.jp/ec/products/detail.php?product_id=198

自作PCの組み立ては秋葉原のナノラボで!!

回路の設計から機械の設計、各種創作活動に高性能なパソコンが欲しい時期…..到来していませんか?
部品を選べば自分にぴったりのパソコンが出来ちゃいますね。
というわけで今回は自作PCの話題です。
通販で部品を買って家に届くのを待って….いざ組立!というのもアリですが、
秋葉原の工作スペース、創造空間ナノラボをご利用いただくと便利です。

PCの組立、いろんな不安があると思います。
間違わずに配線できるか心配…..
相性問題で動かなかったらどうしよう….
ドライバーも買っておかなきゃ…..
静電気で壊したらどうしよう…..
このケースにこのグラボは入るのか…..?
動かないけど、どのパーツ悪いのかわからない….なんてことも。

創造空間ナノラボなら組立に必要なドライバーなどの工具に加えて
キーボードやマウスはもちろんモニター、有線LAN、無線LAN、電源など動作チェックに必要な機材も無料貸し出し!(店員にお声がけください)

手ぶらで秋葉原に来て、お店を回って、ショップ店員さんと相談しながらパーツを集めてナノラボへ!
単品パーツを買うならいろいろお店がありますね、
・PC DIY SHOP FreeT(BUYMORE)さん
・TUSKUMO exさん
などなど….
TUSKUMOさんのチラシはナノラボ店頭にもありますので、その日の最安をチェックして行くのもいいかもしれません。

組立途中のちょっとしたご相談やトラブルは店員へご相談いただければ、アドバイスも可能です。
PCを自作する上で心配な初期不良やメモリの相性問題
ナノラボなら問題が発生してもすぐにPCパーツショップに行って対応してもらうことができます。

重たいPCを家まで運ぶのは大変ですが、
そんな時は以下の宅配便が使えます。
ヤマト運輸 秋葉原駅前センター
佐川運輸 千代田営業所秋葉原駅前SC
※受付のお時間などはよくご確認の上ご利用ください。

デスクトップパソコンを組み立てる場合のご利用料金についてですが、
基本座席料金(1人用の座席スペース及び工具貸出):500円/2h 
※無料の会員登録をして頂いた場合
追加スペース利用料(追加1座席スペースにつき):400円/2h
※作業に必要なスペース分お申し付けください。
パソコンの組立・修理ですと広いスペースが必要になると思われますので、
追加スペースを1つ追加して、合計で900円/2hぐらいからでしょうか。
もっと広々使いたい場合は複数の追加スペースをご用命ください。

既にナノラボ会員の方はご予約も可能です。

ご予約

まだナノラボ会員でない場合は
入会お申込みの際の備考欄にご予約のご希望・ご利用人数・用途等をお書き添えください。

入会申込み

Snapmakerでレーザー切り絵!

snapmaker紹介第二弾ということでレーザーモジュールを使ってみたいと思います。

レーザーのユニット!

まずはSnapmakerにレーザーモジュールを装着します。
3DプリンタやCNCモジュールがついていたら外しましょう。ネジ4本で外れます。

ベッドもレーザーとCNC専用のものに変更し、加工したいものを固定します。
レンチを使って4つのアームで固定しますが、少しめんどくさいかもしれません。

今回はMDFを捨て板として固定し、黒い紙を切って切り絵に挑戦してみようと思います。
紙の方はテープで貼ってもいいかもしれませんね。

アームで固定します

 

今回は切り絵を作ってみたいので、
SVG形式というベクター形式のデータを作成してみます。
今回はInkscapeというベクター画像が扱えるフリーソフトを使用しました。

白黒のPNG画像をインポートして、ビットマップのトレースを行います。
境界線が分かりやすければJPGやBMP形式をインポートしてもいいでしょう。

無事にトレースされてベクターになりました。
これを[名前を付けて保存]からプレーンSVGで書き出します。

Snapmakerが提供している専用のソフト(Snapmakerjs)で画像ファイルを読み込みます。
右上のモードをVECTORに切り替えて、左上のUpload Imageから読み込みます。

画像読み込み成功!

サイズやワークスピードなどを合わせて調整し、 Generate GcodeしてLoadすると…..

G-Codeを生成 レーザーが走る経路が計算されました。

こんな感じにG-codeが生成された結果が表示されます。
画像の縁取が加工されることが分かります。

レーザーの焦点を合わせる作業に入ります。
ここから先は安全のため付属のゴーグルをかけましょう。

緑のメガネ装着!加工が終わるまで外さない!

視界が緑色になりますが安全のため絶対にゴーグルをかけます。

画面左下のTool Head StatusをONにするとレーザーがつきます。

レーザーの焦点が一番小さくなるように、Z軸を動かして焦点を調節します。
X,YのOrigin(原点)も合わせて調整しましょう。
Run Boundaryでエリアを確認したらスタートです。
Let’s GO!

 

出来ました!

完成!

1台3役!レーザー加工もできるsnapmakerはこちらでお求め頂けます↓↓
https://s.nanolab.jp/ec/products/detail.php?product_id=198